お客様もハートブーケケネルで生まれた子犬たちとの幸せな生活を送れます

ハートブーケケネル(犬舎)のご紹介

 
1997年初夏、おうちにポメラニアンがやってきました

小さい小さい子でした
エプロンのポケットに入ってしまうほど


以来、我が家はポメだらけ 

可愛い可愛いポメラニアンを紹介したくてホームページに挑戦!

「お母さん、頑張って!」とポメたちの声が聞こえそうです

新しいご家族さまへ幸せをご提供し続けられるよう、

犬質と技術の向上に努力してまいります


 犬舎の飼育方針 

1.毎日仔犬の食事摂取量確認、体重管理を行っています

​ 当犬舎では新しいオーナー様と、お迎えいただいた子たちの幸せを願って大切に飼育しております

犬舎で過ごす時期は犬の一生では大切な時期であり、また新しいオーナー様が関わることが出できない期間です

大事なご家族をお預かりしているんだと常に念頭におきながら飼育しています。
毎日のウンチの状態、体重増加量の確認はもちろんのことです
母犬の母乳が十分に飲めるよう各子犬の授乳位置の交換、
子犬の骨格に合った適切な成長曲線になるよう毎日体重測定をし、必要に応じ1日に数回の哺乳をしています
母犬に負担を極力かけない配慮でもあります
☆子犬の選び方の一つに「子犬を持ち上げてみて、見た目よりずっしり重たい」のが良いとされています

 

2.一般家庭のリビングで過ごしています

お迎えの時まで子犬たちは人間生活の中で先住犬や兄弟たちと過ごします

好奇心旺盛な子、おっとりな子がおります 生まれながらのその子のパーソナリティーを損なわないよう当犬舎ではしつけはしません

母犬となる子は生後10か月頃までブリーダー自宅のリビングで過ごします。母犬がとても人馴れしているので子犬は天真爛漫、無邪気で表情豊かに育ちます

社会性があることはたいへん重要なことです。子犬の選び方の一つに「呼んだら近よって来る」のが良いとされています 当犬舎の子はみな近よってきます

子犬を踏んでしまわないよう、注意してください。​気が付くといつもそばにいます

3.ドッグショーについて

犬質向上のため残留犬は月に1度程度ドッグショーに出場し、繁殖犬としての犬質を確認しています

ショーではどの子もある程度の評価をいただいています

ドッグショーへの出場予定日にご都合が合えば、実際に犬舎繁殖犬の犬質をご確認いただくことも可能です 事前にお申し出ください


アフターフォロー

 子犬のお迎えを考えている方の中には、「生涯責任を持って飼育できるのか」といった心配の声をよくお聞きします ハートブーケケネルでは、お迎えいただいたあとも、電話やメールで飼育ご相談に応じています 

 

子犬を迎え入れるにあたってご心配のことがございましたら、お気軽にご相談ください

ハートブーケケネルでは、飼育への心配を少しでも軽減し、お客様が犬との幸せな生活が維持できるよう、万が一飼育できなくなった場合に備え「生涯安心サービス」をご用意しています

 お客様もハートブーケケネルで生まれた子犬たちとの幸せな生活を送れます

 

BREEDER/HANDLER
Toshiko Takayasu  
ハートブーケケネル代表 高安 敏子
1998年からポメラニアンのブリーディング、ハンドリングをし経験を積む。
現在は犬舎にトリミングサロンやペットホテルを併設し、より地域に密着した活動にも力を入れています。
「愛犬の友」「ポメラニアンのしつけ方」など執筆著書あり。
犬と人間の幸せな共存を常に念頭に置き、日々健全性を追求したブリーディングをしています。

 
TRIMMER/HANDLER ​
Haruna Takayasu
ハートブーケケネルスタッフ  高安 春菜
ハートブーケケネルでハンドリングやトリマーをしながら都内でもトリミングサロンに勤務しています。
幼少期から多数のポメラニアンと生活をしてきました。
皆様の愛犬との生活がより良いものになる様全力でサポートさせていただきます。
JKC愛犬飼育管理士
JKCトリマーライセンスB級(JKC賞)
JKCハンドラーライセンスC級
JDSペットケアアドバイザー
JDS獣医臨床看護技士B級

© 2017 ハートブーケケネル